MENU

緊急でお金が必要!即日でお金を借りる方法【少しでも安心できる所で】

お金が必要

手持ちも貯金もない時に限って緊急でお金が必要になる事はありませんか?「今月あと少ししかないのに全然足りない…」という事もあるかと思います。

 

手持ちが少ない時に限ってなぜか出費が多くなるもので、大きいお金が必要になってしまって途方に暮れてしまう事もあるかと思います。

 

当サイトをご覧頂いているという事は、今現在で緊急でお金が必要な方も多いかと思いますので、早速「緊急でお金が必要な場合の解決法」についてをお話ししていきたいと思います!

 

どうやってお金を用意する?【困った時に役立つ情報掲載!】

「〇日までに〇万円が必要になった!」という状況になった時の解決法って意外に限られてしまっているものです。

 

普段から節約していても、緊急の出費は突然やってくるもの。大きい金額になると対応しきれずに途方に暮れてしまう事もあるかと思います。

 

親や兄弟にお金を借りるという手段もありますが、借りる用途によっては縁を切られてしまう可能性もありますし、仲が険悪になってしまう場合も考えられます。

 

人間関係を円滑にするためにも、やはり親であっても第三者にお金を借りるのはなるべくなら避けたい所ですよね。

 

急に必要になった理由は何ですか?

まとまったお金が急に必要になった理由は何ですか?

 

冠婚葬祭などでご祝儀や香典を包まなければいけなかったり、または自分が怪我をしたりして入院しなければいけなかったり…。

 

急にお金が必要になるシチュエーションは沢山ありますが、「本当に今すぐそのお金を払わなければいけないのか?」と一度じっくり考えてみて下さい。

 

例えば、手術をしなければならない病気になって入院費用が急に必要になったという場合、これは命に係わる事なので緊急性がありますよね。

 

今すぐに用意する必要があると言えます。

 

ですが、「学費の工面をしたい」「引っ越し費用を工面しなければいけない」という場合は本当に緊急性があるのか?を考えてみましょう。

 

支払期日はあるかと思いますが、そのお金を期日までに支払わないと生活が出来なくなるという場合ではない限り、支払を伸ばしてもらう事は出来ないか交渉するなど、色々と手だてはあるはずです。

 

例えば引っ越し費用などは、今すぐ引っ越ししなければいけないのか?などとじっくり考えてみて下さい。

 

じっくり考えてみて、支払わないと生活や命に係わるほどの緊急事態の場合なのかどうかを判断してからでも、お金を準備するのは遅くありませんよ!

 

生活費に困っている場合なら公的機関を利用するのも一つの手段

生活費に困っている場合、まずは公的機関に相談してみるのも一つの手段です。

 

親や兄弟に相談出来ない場合やお金を借りる事が出来ない場合などは、市役所などに相談窓口がありますので、そちらで一度相談してみる事をおススメします。

 

■生活保護

 

■社会福祉協議会の生活福祉資金

 

■母子貸付制度

 

公的援助にはこのような「お金に困っている人の為」の制度があります。

 

生活保護は長期的に収入を得られる状態ではない場合において、最低限の生活を保護するという意味で利用する事が出来ます。

 

最近では不正受給の問題などによって審査が厳しくなっている傾向にありますが、緊急でお金が必要な場合などは一度市の方に相談してみましょう。

 

また、一時的に大金が必要になった場合において「生活福祉資金」を借りるという手段もありますし、母子家庭でしたら「母子貸付制度」もあります。

 

低金利でお金を借りる事が出来る制度で、車購入代や引っ越し代などもコチラの制度で借りる事が出来ます。

 

生活費の貸付や教育資金の貸し付けもコチラで可能なので、本当に困った時こそ、こういった公的援助を賢く利用しましょう!

 

※ただし、公的機関からの貸付は時間がかかるというデメリットを覚えておこう!
公的機関での貸し付けは低金利であり、保証人なども必要ない場合もあります。母子家庭の方でも借りれる制度もありますが、公的機関での貸し付けは審査にかなり時間がかかってしまいます。

 

申請した日にちにもよりますが、申請してお金を借りるまでに数カ月かかる場合もありますので、緊急でお金が必要!という場合に対応しきれない事も考えられます。

 

教育資金など、先を見越しての貸付を希望している場合だと計画的に借りる事は出来ますが、「今週中に必要!」「今月中に必要!」という場合だと間に合わない可能性もあります。

 

緊急性が高い場合は公的機関での貸付制度などは「時間」のデメリットが多いという事を覚えておいて下さい。

 

失業して生活費がまかなえない場合は失業保険の手続きを!

失業して生活費がまかなえない!という場合でも、働いている期間や条件によっては失業保険がもらえる場合があります。

 

失業後に離職票が届いたらすぐに職業安定所に問い合わせてみて下さい。働いた年数に応じて貰える金額は変わってきます。

 

ただし、失業保険は「職を失った状況」によってすぐに貰えない場合の方が多いので、コチラも注意して下さい。

 

 

お金を借りようとする前に、売れるものはないか?チェック!

お金をドコからか借りる前に、まずは自宅に不要なもので売れるものはないか探してみて下さい。

 

使っていない衣服やバッグ類、電化製品類はありませんか?今は使用していない携帯電話なども買い取ってもらえる場合もありますので、家の不要なものをリサイクルショップやフリマアプリなどで販売してみて下さい。

 

大切にしているけど使う場面が無いアクセサリーなども、この際思い切って質屋に入れてお金に換えてみるのも一つの手段です。

 

 

売る物もない、今日明日にでもすぐにお金を用意しなければいけない…【最終手段はコレ!】

計画的に借り入れを考えているなら公的機関を利用したり、自宅に売れる物がある場合はリサイクルショップで現金に変えたり…という事が出来ますが、一刻を争う緊急事態の時にはやや不向きと言えます。

 

売るものもない、近日中にお金が必要だという場合の最終手段として「消費者金融のキャッシング」があります。

 

消費者金融のキャッシングは即日審査可能な所も多く、緊急でお金が必要な場合でも柔軟に対応できる可能性も高いのが特徴です。

 

また、ネットから申し込む事も出来るので、わざわざ店舗などに足を運ぶ手間なども必要ありません。「急にお金が必要になった!」という時にその場ですぐ申し込む事が出来るので、緊急性が高くお金を借りるアテがない!という場合などは、消費者金融のキャッシングを利用する、という手段もあります。

 

ちなみに、消費者金融によっては一定期間金利が0円になるサービスや、即日融資に対応可能な消費者金融なども存在します。
その場合はネット申し込みで即日融資サービスを受ける事が出来る可能性が高くなるので、急ぎの場合の方ほどネットからの申し込みがおススメです。

 

ただ、やっぱりお金を借りるなら少しでも安心できる所から借りたいですよね。初めてお金を借りるならなおさら安心出来る所から借りたいと思います。

 

当サイトでは消費者金融でお金を借りようか迷っている方へ、安心してお金を借りれる消費者金融をランキング形式で紹介していますので、コチラも参考にして下さいね。

 

アコムの特徴

CMでもお馴染みのアコムは知名度も高く、大手の消費者金融なので安心感は1!即日融資にも対応可能なので、緊急でお金が必要な場合の強い味方でもあります。

価格
評価 評価5
備考
アイフルの特徴

アイフルは審査スピードが早い事に定評があり、即日融資にも対応しているので利用しやすい消費者金融でもあります。来店不要で申し込みが出来るのもポイントの一つです。

価格
評価 評価4
備考
プロミスの特徴

プロミスはweb上で申し込みから融資が完了する「web完結サービス」にも対応可能!郵送物レス、カードレスでの取引にも対応しているので、お急ぎの方や誰にもバレたくない方から選ばれています。※対象金融機関は200行以上あります。

価格
評価 評価3
備考
モビットの特徴

モビットは顧客満足度1の消費者金融なので、安心して利用したい方から選ばれています。サービス面でも充実しており、サポート体制も万全!web完結サービスや即日振込にも対応可能です。

価格
評価 評価3
備考